彼らはどこかにいるのだ
      2017 / 11 / 21 ( Tue )
      いや~、今朝東大をお散歩中に、さめざめ泣いてしまいまして💦

      出しなに拝見した知人のFBにて、残業を終えて深夜帰宅なさるその方を
      いつも愛犬ちゃんが寝ずに玄関でいじらしく待ってくれている、という
      微笑ましい投稿を思い出してほっこりしていました。

      次の瞬間、(そういえば・・・)と。

      ベリーも、私がどんなに遅く帰宅しても、いつも玄関前で
      待ってくれていたっけなぁ・・・・。

      両親曰く、ベリーが玄関にトコトコ向かう姿で、
      そろそろ私が帰宅するのだな、と見当をつけていたと。

      どんなに仕事でヘトヘトでも、玄関前に着いた瞬間、
      全身の疲れがふっと抜けるのを感じました。
      玄関ドアを開けると、そこに嬉しげにお耳をペタンとさせ
      私を待ち構えてくれている最愛の犬がいると、わかっていたから。

      早く帰れた日も、遅く帰宅した日も、いつもそこにはベリーがいました。
      (時折、後ろにゴンタや雪じろうを従えて待っていたことも。)


      帰宅後、パソコンルームに籠ってメールチェックする私の
      傍らでしばし寝そべり、その後私と一緒に二階の自室に引き上げるのが
      彼の平日夜のルーティーンでした。

      階段をあがる私の後ろから聞こえてくる、コトン、コトンというベリーの足音が
      ありありと思い出され、ぶわっと何かがこみ上げてきたのです。

      なんていとおしい犬だったろう。

      なんて幸せで、恵まれた日々だったのだろう・・・・!と改めて思いました。

      当時も幸せを実感していましたが、やはり特別な時間でした。
      特別な、犬でした。



      サン・テグジュペリがこう表現しています。


      「ぼくらの生活が僚友たちからぼくらを遠ざけ、
      ぼくらに彼らの上を思う余裕のある時間を与えないかもしれないが、
      しかしまた彼らはどこかにいるのだ、どこともわからない所に
      黙りこくって、忘れられて、しかしまたきわめて親密に!

      それでもしぼくらが彼らの道を横切るようなことがあると、
      彼らは炎のような喜びを見せてぼくらの肩を揺すぶってくれる!

      (中略)

      とはいうものの、やがてぼくらもすこしずつ気がついてくる、
      あの一人のあの明るい笑い声を、二度と聞く日はもうないのだと、
      あの庭園は永久にぼくらのために閉ざされてしまったのだと。
      するとこのとき、はじめてぼくらにとってまことの服喪が始まるのだ。
      それはけっして裂くような悲しみではないが、しかしどうやらほろ苦い。 」

       (アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ 『人間の土地』 僚友 より
                                      /堀口大學 訳 )



      「彼らはどこかにいるのだ、どこともわからない所に
      黙りこくって、忘れられて、しかしまたきわめて親密に! 」

      上手い表現だなぁ・・・・と思いました。


      こういう時、私はついつい若松英輔さんのご著書を手に取ってしまいます。
      今朝、再読した箇所の一部をシェアして今日はおわかれです。


      「井筒(俊彦)にとって「コトバ」とは言語ではなく、
      究極的実在がこの世界に現われるときの姿である。
      それは、音であり、色、香り、律動でもあるだろう。
      「ココロ」とは、万物がそれぞれの本当の姿を知る働きである。
      死者は、私たちが発する「コトバ」を読む。
      それはときに涙であり、嘆きでもあるだろう。

      もっとも苛烈な試練に遭遇したとき、そのとき、
      そばにいて欲しいと願う人はいない。
      なぜなら、その人を喪うことが、その試練にほかならないからである、
      そう思っていた。
      だが、現実は違う。
      死者は、悲しむ生者に寄り添っている。
      死者はいつも私たちの魂を見ている。
      私たちがそれを見失うときも、死者たちは、魂にまなざしを注ぎつづける。
      ときに死者は、私たち自身よりも私たちに近い。

      死者は、ずっとあなたを思っている。
      あなたが良き人間だからではなく、ただ、あなたを思っている。
      私たちが彼らを忘れていたとしても、彼らは私たちを忘れない。
      死者は随伴者である。
      彼らは、私たちと共に苦しみ、嘆き、悲しみ、喜ぶ。
      生者を守護することは、死者の神聖なるつとめである。
      死者は感謝を求めない。
      ただ生き抜くことを望むだけだ。
      死者は、生者が死者のために生きることを望むのではなく、
      死者の力を用いてくれることを願っている。

      死者を探してはならない。
      私たちが探すのは、自分が見たいと思う方角に過ぎない。
      おそらく、そこに死者はいない。
      ただ、語ることを止め、静かに佇んでみる。
      すると、あなたを思う不可視な「隣人」の存在に気がつくだろう。

      死者を感じたいと願うなら、独りになることを避けてはならない。
      それは、私たちに訪れた沈黙という恩寵である。
      死者はいたずらに孤独を癒すことはしない。
      孤独を通じてのみ知り得る人生の実相があることを、彼らは知っている。
      死者はむしろ、その耐えがたい孤独を共に耐え抜こうとする。

      誰も自分の悲しみを理解しない、そう思ったとき、あなたの傍らにいて、
      共に悲しみ、涙するのは死者である。
      私たちは信頼し得る生者を信用するように、死者の働きを信じてよい。
      死者にとって、生者の信頼は無上の供物となり、
      死者からの信頼は、生者には慰めと感じられる。

                            (若松英輔著「魂にふれる」より)



      14 : 58 : 53 | つぶやき | page top
      2017 / 03 / 15 ( Wed )
      ※現在「ホテル日記」はフェイスブックの投稿にて代えさせて
       いただいております。ご了承くださいませm(__)m

      illust1935.png


      昨日、撮りためたSDカードを整理中、2010年に撮影したベリーとゴンタの
      動画を見つけました。

      ベリーを亡くして以降、彼の動画を見ることができなかった私ですが、
      昨日、はじめて動くベリーの姿を目にしました。

      最初はドキドキしながら。

      でも、大丈夫でした。

      同じ動画を、何度も何度も繰り返し見ました。

      DSC_0148_20170315091501559.jpg



      その同じSDカード内に収められたベリーの画像を
      ひとつひとつチェックしていた時、とある写真が目に入り、
      フリーズしました。


      それは、最愛の犬が力なくベッドに横たわっている姿でした。
      亡くなった後の、姿でした。

      撮らないでと、私は何度も懇願したのですが、
      家族が撮影したものでした。

      だから、見ないでいたのに。

      当時撮影したSDカードを封印していたのは、この画像が
      残っていたためだったと、思い出しました。

      見たくないなら、削除すれば済むはなし。

      さりとて、それすらできず。

      いい歳した大の大人が・・・・・。



      foodpic7576942.jpg




      なぜヒトは、愛するものの亡骸を、カメラに収めようと思うのだろう。

      被写体は、本人のように見えて、本人ではない・・・・。

      生前とほとんど変わらぬ姿形で眠っているかのように傍目には

      見えても、それは彼らが脱ぎ去った肉体の抜け殻にすぎず・・・。



      自分「ではない」姿をカメラに収め、残し、目に触れてほしいと

      果たして本人たちは思うだろうか・・・。

      命を終えた動物には等しく、それがたとえ人間以外であれ、

      尊厳はあるのではないだろうか・・・・。

      ついつい、そう思ってしまうのです。




      foodpic4684724_20170315094837d9e.jpg




      画像 017

      元気で、楽しそうにしていた姿を、ずっと心に。

      10 : 28 : 18 | つぶやき | page top
      年賀状・・・・
      2016 / 12 / 31 ( Sat )

      す、すみません・・・・。

      年賀状、一枚も書いておりません。

      といいますか、実は結局年賀状を買いそびれてしまいまして・・・・💦

      大変お恥ずかしいのですが、今年はお年賀状は

      失礼させていただくことにいたしました。

      今年もたくさんの方にお世話になった身ですのに

      本当にお恥ずかしいやら情けないやら・・・(>_<)

      foodpic7436280.jpg

      こんなダメダメなママですが、来年もどうぞ
      よろしくおねがいいたします。
       
                            by オラ


      17 : 28 : 10 | つぶやき | page top
      ベリーとベニー
      2016 / 11 / 21 ( Mon )
      昨夜(早朝かな?)、実に久しぶりに、ベリーの夢を見ました!
      何年ぶりだろう、夢に登場したのは。

      夢の中で、ベリーはすっかりおじいちゃんになっていました。
      コートはかなりボサッ&しょぼっ。毛色もだいぶ退色していました。
      歯、特に犬歯は今にも抜けそうにグラグラで、笑うとにょきっと
      歯がコンニチワしていました。
      優しかった目は、いっそう優しくタレ目さんに^^
      もう、なんともいえない可愛さがありました。


      夢の中でベリーはまだ存命で、私たち家族&モフ男と一緒に
      今も暮らしていました。(ちなみに、モフ男はリアルでベリーの甥っ子)

      と、突然母がとっぴょうしもないことを言い出しました。

      「(犬が)昨日、毒を口にしちゃったかも。」


      ええっ、どっちが!?


      思わず声を荒げて母を詰問する私。

      どうしよう、ベリーだったらどうしよう、ベリーだったら・・・・!!

      確かに夢の中の私は、とっさにそう思ったのです。
      もし、体力・免疫の落ちた高齢のベリーだったら
      たとえごく低用量の毒物でも、きっと肝臓が持ちこたえられない・・・
      おそらくそう思って焦ったのだろうと思います。

      でも、目覚めてあまりに酷すぎる自分に涙・・・。

      すまん、モフ男・・・・。
      本当にすまん・・・・。


      私がなぜこんな夢を見たのか、なんとなく察しはつきます。

      昨日ホテルに遊びに来てくれた友人が、私のFB、ブログ、HPすべての
      カバー写真が先代ベリーと知ると、とても驚き、つぶやきました。
      モフ男が可哀想だ・・・と。


      私は即答しました。
      「いやいや、そもそもベリーがいなければこの仕事は始めなかった。
      ベリーあってのTWだから!」


      そう、確かにベリーがTW開業の立役者。
      でも今、看板犬として共にTWを盛り立ててくれているのはモフ男君だよな・・・。
      どこか後ろめたい気持ちが、あんな夢を見させたのかなぁ・・・と。


      もっともっと、めいっぱい可愛がろう。
      お前が大事だよ、いい子だね、大好きだよ、と沢山伝えよう。

      改めて、そう心に決めた朝でした。


      a6f35d_8823051143a94310a3b8f6cb325e676b~mv2_d_3933_2594_s_4_2
      Illustrated by Ikumi Ishibashi

      「てか、はよ東京に連れ帰れニャ!」  by雪じろう


      ※こちらのポートレイトは、ミック動物診療所の患者特典として、
       動物の絵を専門に手がけられている石橋郁美氏に
       描いていただきました。
       詳しくはコチラ → http://micvet.wixsite.com/micvet/portrait

      12 : 03 : 13 | つぶやき | page top
      せつない
      2016 / 11 / 13 ( Sun )
      昨日、デイケア組のKちゃんと近くの商店街を歩いていますと、
      彼がお父さんとこの界隈をお散歩していた頃からの昔馴染みの方々より
      次々お声がけいただきました。

      (Kちゃんは、このお近くで10年間お父さんと暮らしていましたが、
      4年ほど前にお引越し)

      懐かしい面々との再会を喜んでいる最中、Kちゃんがハッ!!と何かに
      吸い寄せられるように視線を向けたのがわかりました。

      最初、お散歩中のワンちゃんでも来たかな?と視線を追うと
      スラリと長身でサングラスを召された男性が歩いていらっしゃるのが
      見えました。

      Kちゃんは、男性が通り過ぎた後も、じいっと後ろ姿を見送っていました。


      そばにいらした昔馴染みMさんも、合点がいった表情でした。

      そして優しく、なだめるように、おっしゃいました。



      「Kちゃん、お父さんは、もういないのよ・・・・・。」



      私はなんともいえない気持ちで、その言葉を聞いていました。


      でも、おそらくKちゃんはわかっている。
      お父さんとは、もう会えないことを。
      私は内心、そう思っていました。

      きっと、私たちと同じだ。
      亡き最愛の存在とよく似た面影を持つ相手に
      つい見入ってしまう私たちと同じ、と。

      いや、そう思いたかったのかなぁ・・・。


      夕方のお散歩終盤。

      Kちゃんは、迷わず前のおうちにスタスタスタ。
      お父さんと10年間暮らしたおうちの階段をタターッとあがって
      入る!と動きません。

      そのことを、現在のママ(お父さんお嬢様)にご報告しますと
      ママさんがぽつりおっしゃいました。

      「あそこに行けば、父に会えると思っているのかしら・・・。」


      なんともいえない切なさが、こみ上げました。

      私たちには、本当のところはわかりません。

      でも、できるならKちゃんが淡い期待感からではなく、
      長年の習慣で足を向けているのであれば、どんなにいいかなぁ・・・・と
      思ってしまいます。

      おうちの入り口前で、頑として動かないKちゃんに心の中で
      語りかけていました。

      (お父さんは、ここにはいらっしゃらないんだよ・・・・・。)


      しばし無言の押し問答の末、やっと諦めたKちゃんがとぼとぼ
      階段を下りてきてくれました。


      もしこの光景をお父さんもご覧になっているとしたら、
      それもまたせつないなぁ・・・・と思った夕方。
      11 : 33 : 29 | つぶやき | page top
      | ホーム | 次のページ>>