2017 / 10 / 03 ( Tue )
      昨日は、ベリーの7回めの命日でした。

      お散歩途中に、明るい色のお花を買って帰りました。

      実家でも、お花とオヤツのお供えをしてあげてほしいと
      家族に連絡を入れようとして、思いとどまりました。

      おそらく家族は彼の命日を忘れていることでしょう。

      それでいいのかもしれんな・・・・と思いました。

      foodpic5444662.jpg




      だいぶ昔のことになりますが、知人が私にこのようなことを言いました。

      うっかり愛犬の命日を忘れるくらいがよいのではないか?と。
      後で思い返し、あれ、今年で何年になったんだっけな??と
      わからなくなる。
      それは、必ずしも悪いことではないように思える、と。

      当時の私は初代コリーを亡くして間もなく、彼女の言わんとすることが
      理解できませんでした。


      でも10年以上経った今、なんとなくこういう意味だったのかな?と
      (見当ちがいかもしれませんが)少しおもえるようになりました。


      命日に特別な感慨を持つのは、遺された人間のみ。
      けなげに生き、潔く旅立った動物たちにとって自分の生命が終わりを
      迎えた日に何の意味があるというのか。


      毎年毎年、命日が近づくたび、
      風が金木製の香りを運んでくる時期を迎えるたび、えもいわれぬ
      沈鬱さにしずみこむくらいなら、、いっそ命日を忘れていたほうが
      本人にとっても亡き愛犬にとってもよいのかも・・・そんな考え方も
      一理あるのかもしれませんね。



      foodpic5420654_20171002091016a8c.jpg






      でも、命日くらい一人静かに亡き愛犬を偲んでもよいと私は思います。

      だって、それだけの存在だったのですから・・・・。



      foodpic5420656_20171002091019204.jpg
      ね。


      キミは若く美しいまんまだなぁ・・・・!

      15 : 56 : 45 | 未分類 | page top
      2017 / 01 / 23 ( Mon )
      今日、はじめて思い至ったこと。

      私が望めども望めども、愛犬の最期に立ち会うことが

      これまでただの一度も叶わない理由。

      それは、自分が業の深い人間だからだと、ずっと思ってきたのだけれど。

      ひょっとしたら、理由はそれではなく。

      死にゆく愛犬に、「もういいよ、十分だよ。楽になっていいよ。」と

      言葉をかけてあげることがどうしてもできない人間だからではないか・・・。

      最愛の犬の今際の際に、無私の愛と深い安堵感を与えるどころか、

      まだ逝ってくれるなと、すがり、懇願し、泣き叫ぶ、

      そんなエゴイスティックでみっともない飼い主だからだ。

      「もう、がんばれない」

      愛犬の目に、表情に浮かんだその色を、

      しっかり受け止めてあげることができず、

      目にしても受け入れることを拒絶し、

      逝くことを許容できない、なさけない飼い主だからだ。

      そのことを、犬たちは感じ取っていたのではないだろうか・・・。



      強く、ありたい。

      強く、あらねば。

      自分より先に逝くはずの命との暮らしをひとたび
      選択したからには・・・。


      FH010015(2).jpg
      21 : 42 : 57 | 未分類 | page top
      2016 / 06 / 15 ( Wed )
      foodpic7054973.jpg





      foodpic7054987.jpg





      foodpic7054993.jpg





      foodpic7054990.jpg




      foodpic7054976.jpg
      「ごはん?ごはん?」

      ごはん、オヤツ、お散歩が生きがい。




      foodpic7054979.jpg
      富ヶ谷公園にて。
      中島さんと母、ビーちゃんとベリーと共に。





      foodpic7054984.jpg

      「いつも過ごした場所、匂い、音、光り、声、味、
       少しでも感じていたのであれば、
       いつもと変わらぬ毎日が過ごせただけ、
       それだけでも幸せだったのではないかと思います。
       犬は飼い主に喜んでもらえることが大好きです。
       生きていて欲しい、
       その気持ちは犬が生きる力になっているのではないかと私は思います。」


      Sさん、一度も面識のないゴンタへお心のこもったお悔み、
      そして私たち家族への思いやりに満ちたお言葉をいただき
      感謝の気持ちでいっぱいです。
      もう少し落ち着きましたら、必ずお返事させていただきます。

      本当にありがとうございました。

      19 : 15 : 22 | 未分類 | page top
      バロン君とフィンちゃんの目論み!?
      2015 / 05 / 24 ( Sun )
      今朝、期せずして長くなった朝散歩から戻った直後のフィンちゃん。

      foodpic6109562.jpg

      かなりご機嫌。





      foodpic6109589.jpg

      理由はコレ。

      池で猫さんたちに会えてテンションあげあげでした。





      ちなみに、気分が乗らない時は、

      ABrN1qVg4u0cL2L1432446257_1432446336.jpg

      無言で「帰ろ?」アピール。






      foodpic6109531_20150524145026065.jpg

      ねぇフィンちゃん、私の勘違いだったらごめんね。







      foodpic6109528.jpg

      さっさとお散歩切り上げて、

      ごはんをもらおうと目論んでいるんぢゃ・・・







      foodpic6109530.jpg

      そこはかとなく、そんな気がする・・・・。







      foodpic6109544.jpg
      はじめましてのバロン君がお試しデイケアに来てくれました♪

      まだ1歳5ヶ月。
      やんちゃ盛りの可愛いボクちゃんです


      いかんせん大型犬ボーイズ同士。

      双方の様子を見て、しばらく別々のお部屋で様子を見ることにしました。





      foodpic6109546.jpg
      フィンちゃんは、いつものお部屋ではないことがちょっと
      納得いかない様子でしたが、






      yg2SB5TUHrgSNku1432448135_1432448204.jpg

      誤飲要注意のバロン君に
      おもちゃ溢れるこのお部屋はあまりに危険。



      バロン君がその気になれば、
      絶対届いちゃいますし(汗)。






      バロン君は、これまでに一度、おうち近くのペットホテルに
      お泊りの経験があるそうです。
      その際、あまりお水を飲まなかった可能性あり、と伺い
      その点が少し心配されたのですけれど・・・・

      o4sDiu4CX5S8Uow1432435123_1432435201.jpg

      杞憂でした。





      cNKM5gd8eXjHV6M1432435305_1432435463_201505241533152ef.jpg

      いや、むしろ飲みすぎか・・・。






      nzvljVqL5vscAV11432435992_1432436078.jpg

      はい、おりこうさん。

      じゃぁ、お腹がたっぷんたっぷんだろうから、
      ちょっくらお昼寝しましょうか。






      foodpic6109539.jpg

      ファッ!?






      foodpic6109540.jpg

      フェイスタオルが落ちていた模様



      タオルを取られまいと逃げ回るバロン君を
      ゲート内に誘い込んでようやくタオル奪取に成功。

      あ、あぶなかった・・・・・。






      foodpic6109560.jpg
      ごはんもうまうまペロリ完食






      foodpic6109555.jpg
      前日にママと見学に来てくれていたこともあり、
      初回とは思えないほどの落ち着きぶり。
      (もちろん、まだまだおうちでのようにはいかないでしょうが)





      foodpic6109559.jpg

      ご家族と離れて、よく知らない場所で、知らない人と半日過ごして、
      お水もしっかり飲み、オヤツもごはんもパクパク食べて、
      ちゃんとオシッコもして、
      遊んで、お昼寝もして・・・。


      いや、もうほんとよくがんばりました!!






      foodpic6109542.jpg
      バロン君、次回のお泊りもがんばろうね





      余談ですが、バロン君と会った瞬間、代々ランでお会いする
      お友達犬に似ているなぁ!と思いました。

      IMGP0093_2014100710432452e_201505241414543c0.jpg
      コーディー君と、





      20121101152023e28_20150524141457470.jpg
      空ちゃん。



      うむ、似てる気がする。




      今日もお読みいただき、ありがとうございました。
      にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
      にほんブログ村



      人気ブログランキングへ

      16 : 10 : 34 | 未分類 | page top
      スタンガンに想う。
      2014 / 06 / 12 ( Thu )
      ブログを少しおサボりしている間に、




      梅雨、たまに晴れ間。
      foodpic4953951_2014061213510997a.jpg






      友達来訪。
      foodpic4970154_20140612134828084.jpg
      前田邸にて。






      その友達を、しばしガン見のゴーちゃんw。
      foodpic4961636_201406121348291b5.jpg






      その後おやすみ~。
      foodpic4970160_20140612134831639.jpg







      フィンちゃんもおやすみ~。
      foodpic4953971_20140612134830ea5.jpg






      オラもおやすみ~。
      foodpic4961639_2014061213482980b.jpg






      foodpic4984237.jpg
      みなさん、よう寝はります。


      やっぱり雨だからかな?


             illust456_thumb.gif  illust456_thumb.gif  illust32_thumb.gif





      いやぁ・・・できれば、さわやかな話題で梅雨の鬱々感をしばし
      吹き消したかったのですが、今日は真逆の話題です



      「最近、スタンガンを持って散歩しています。」



      大型犬と暮らす知人の言葉に、びっくりしました。



      す、すたんがん!?




      聞けば数か月前、愛犬とのお散歩中に突然ノーリード(放し飼い?)
      の犬2頭に襲われたのだそうです。

      愛犬めざして、唸りながら突進してくる大型犬。
      一頭は愛犬の脇腹に、もう一頭は頭部に喰らいついたのだそうです。
      一瞬の出来事・・・・。


      彼女の愛犬は、身体こそ大きいですが、気の優しい子。
      猛々しい犬たちは、おびえるその子のお腹と頭に
      容赦なく攻撃を続けたのだそうです。


      死んじゃう、死んじゃうよ!


      悲鳴をあげる彼女の前に、ついぞ猛犬の飼い主は現れずじまい。


      彼女の悲鳴に駆けつけてくれたのは、現場近くにお住まいの
      同じく犬飼いのおじさま。
      ご自宅から竹刀を持ってみえ、地面を竹刀でバシバシ叩き、
      オラーッ!!!とものすごい剣幕で威圧くださったのだそうです。
      それでも咬みついて離さない一頭の犬の身体を竹刀で叩いて
      ひるませ、なんとか2頭の犬は立ち去ったそうです。


      出血は多かったものの、幸いにも犬の命に別状はありませんでした。
      が、何針も縫う傷と、精神的ショックを受けてその後しばらく、
      大柄な犬を極度に警戒するようになってしまったそうです。
      (似た体格、外見の犬を見るとプチパニック症状に・・・)


      トラウマを抱えたのは、彼女も同じでした。

      もしまたあんなふうに突然犬に襲われたら・・・・

      (今度は助からないかもしれない)

      そう思った彼女が選択したのが、「スタンガンの携帯」というわけでした。





      私は、てっきりこういう懐中電灯タイプのスタンガンを
      想像したのですけれど、
      護身用スタンガン+高輝度LED懐中電灯 OD-JSJ-1101 防滴仕様 フラッシュライト ハンディライト
      ※アマゾンのリンクを貼っていますが、お勧めしているわけではありません。







      彼女が購入したのは、こちらの本格的な方でした・・・・。

      s-168-201.jpg

      現在、市販されているスタンガンの最高ボルト数は、130万ボルトだとか・・・。
      下手したら相手の犬、死んじゃいそう・・・。




      彼女は、言いました。


      「もちろん、こんなモノ使いたくないし、よそ様の犬を傷つけたくない。
       でも、私はイザという時あまりにも無力なことがわかったし、
       もうぜったい愛犬に傷を負わせたくないから・・・。」



      バッグに潜ませているだけで、気持ち的に全く違うのだそうです。

      スイッチを入れなければ、こん棒としても使えるから、と。


      他人の犬に対しても、本当に情愛深い彼女に、
      スタンガンを持たせるに至った放し飼い飼い主に言いたい。



      あなたの罪は、重いですぞ・・・。





      ブログにアップすべきか迷いましたが、最後に思い切って書いてしまおう。



      お世話になっている犬好きの鍼灸師の先生に、
      以前東大をお散歩中、モフ男がノーリードの犬に襲われたお話を
      いたしますと・・・・


      「犬を放す悪質な飼い主は、警察に通報すればいい。」


      普段、穏やかな先生にしては珍しい、強い口調でした。


      しばらくして先生が、ぽつりおっしゃいました。


      「昔、友達に盲導犬ユーザーがいましてね。」


      その方は、それはもう相棒犬を可愛がり、大事にされていたのだそうです。

      ある日、往来を歩いている時、突然ノーリードの犬が盲導犬を襲った
      そうですが、その子は一言も吠えず、動じなかったため、
      彼は、相棒が咬みつかれたのだとは、気づかなかったそうです。
      しばらくして、「血が出ていますよ」と周囲に指摘され、はじめて
      大けがを負ったことを知ったと・・・・。

      結局、その時噛まれたケガが原因で盲導犬は亡くなってしまったのだそうです。
      相棒の異変に気付くことができず、守ってあげられなかった自責と後悔の念に
      さいなまれ、お友達はその後二度と盲導犬を迎えることはなく、
      塞ぎがちなってしまったのだそうです。


      「それからしばらくして彼も亡くなって・・・・」


      押し殺すようにつぶやいた先生の口調から、察知しました。



      ノーリードにしていた飼い主は、きっと生涯知ることはないでしょう。

      健気に真面目に働いていた、一頭の職務に忠実な盲導犬と、
      彼と深い深い信頼と愛情で結ばれた、一人の人間の命を
      自分の無関心と判断の甘さが奪ってしまったことを。


      本人の知らない、知りようのない、
      でも消しようのない重い罪・・・・。



      先生のお友達は、全盲の方でした。

      ご自分の目が不自由でさえなければ相棒は助かった、死なずに済んだ
      可哀相なことをしてしまった・・・・。

      そんな慙愧の念に囚われ、ひどく苦しまれたのではないでしょうか。


      でも・・・・


      視力に特に問題がない人でも、突然の攻撃を前にして
      なすすべもないケースが多いように感じます。


      スタンガンをバッグに忍ばせてお散歩する前述の知人を
      誰も笑うことも非難することもできないはずです。


      彼女が、一生スタンガンを使わずに済みますようにと
      切に切に願いつつ・・・・。



      そして、自分がもし同じように悪夢のような状況に見舞われたら、
      一体どうするだろうと、思いました。

      日傘を盾にして時間を稼ぐことはできるけれど、
      相手が2頭以上いたら、それすらwork しません。


      大切な犬を、あなたはどうやって守りますか?


      彼女の問いかけをシェアしたく、今回記事にしました。
      (本人には、了解を得ています)



      ただひとついえることは、もしノーリード散歩している犬が、
      私の連れている犬を本気で咬みにきたなら、
      相手がどんな犬でも、
      飼い主がたとえ知り合いでも、
      私は絶対容赦はしません。




      今日もお読みいただき、ありがとうございました。
      にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
      にほんブログ村
      17 : 35 : 34 | 未分類 | page top
      | ホーム | 次のページ>>